• HOME
  • アレルギー(スギ花粉症、ダニアレルギー)の舌下免疫療法について

アレルギー(スギ花粉症、ダニアレルギー)の舌下免疫療法について

当院では、スギ花粉症や、ダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎に対し、舌下免疫療法を行うことができます。本治療では、それぞれのアレルギー原因物質(アレルゲン)をごく少量、通常とは異なる経路で体内に取り込んで頂くことにより、アレルギーの程度を弱めていく減感作療法の一種となります。それぞれ、シダキュア*、ミティキュア*という錠剤に調整した、医療用のアレルゲンを使用する治療で、医療保険の対象です。(* 鳥居製薬の登録商標です)。
治療の概略ですが、処方箋薬の錠剤を1日1回1錠、舌の下に5分間置いた後に内服します。通常では、この治療を原則的には数年間継続することになります。治療の前後では激しい運動など、血液の流れが増える動作を避ける必要があります。
基本的には、治療を続けている期間、アレルギー性鼻炎の程度を緩和することが第一目標となります。個人差があるので全ての人に保証できるわけではありませんが、鼻炎治療薬の使用量を減らせる(無くせる)方や、薬剤中止後、何年も治療効果が持続する方、鼻炎以外のアレルギー症状が改善する方もいらっしゃるようです。また、この治療を行うことで、将来的に、件のアレルゲン以外の物質による感作、すなわち新たなモノに対するアレルギー状態が追加されてしまうこと、を防ぐことができる作用もあるのではないかということで、研究が進められています。
詳細について、気になる方はお気軽に受診、ご相談ください。ご希望に応じ、だいたいの薬剤費や、副作用等についても説明いたします。もちろん、血液検査でのアレルギー検査(医療保険の対象です)も可能です。